Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
246
246 (JUGEMレビュー »)
沢木 耕太郎
文芸家の生活が垣間見える作品。色んなことを考えつつ日々過ごしてるんだろうと思うが、物語ではなく日記であるという都合上、若干自分は読んでてダレた。決して悪い本ではない。
オレもサッカー「海外組」になるんだ!!!
オレもサッカー「海外組」になるんだ!!! (JUGEMレビュー »)
吉崎 エイジーニョ
ドイツでプロリーグ入団を試みるライターの3部リーグ一年の歩み。ドイツの文化におけるサッカーの身近さが垣間見える一冊。
死をデザインする
死をデザインする (JUGEMレビュー »)
ティモシー・リアリー, R・U・シリアス, 栩木 玲子
インベストメント ハードラー
インベストメント ハードラー (JUGEMレビュー »)
為末 大
大学の同期生だから読んでみた。内容自体は数時間あれば読める。投資の基本を人とのつながりに求める男。それはそれですばらしいことだと思う。
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | PAGE TOP↑
坂本慎太郎
category: music | author: ジャイアント・アケボーノ

チケットのリセールって、一般の人間には結構厳しいなと。

昭和女子大人見講堂で行われるのも楽しみだし、新譜の発売後っていうのもあるから、期待していたんだけど。

坂本さんのライブ自体は、今年一度見に行ってるけど、ちょっと喉を痛めてたのか、調子が悪そうだった。

それでもライブはとても良かったし、だからこそ即決だった。

チケットぴあが、リセール代行してくれるから、それを頼むことになるのかなって。

まあ他のサイトだと、一枚1.5倍くらいで取引されてるみたいだけど、ダフ屋みたいになりたくないし、法律のグレーな部分を自ら踏み抜くのもムカつくから。

でも、仲介業者を入れるのは、結局面倒くさい。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
チケットのリセール
category: music | author: ジャイアント・アケボーノ

2019.11.26  坂本慎太郎

昭和女子大人見記念講堂でのライブが当選したのだが、悲しいことに仕事だったことが判明した。

もちろん行きたいのはやまやまだが、ここに至っては手放すより他にない。

しかし、法律も変わって割とリセールの壁は高い。

しかも良く良く見れば未だにネットではダフ行為が横行してるようだ。

まあ正直チケットの譲渡で差額で儲けようとすることは、今後も減らないんだろう。

でもこういう言わば転売屋っていう連中のせいで、チケットが手に入らないっていう状況で、苦々しい思いもしてきたので、できれば転売サイトによらず、誰かに譲れればと考えている。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
SONAR2018
category: - | author: ジャイアント・アケボーノ

今年はきっとバルセロナにSONAR2018を見に行こうと。

ヨーロッパで開催されているので、日本のものとは当然違うんですけど、音楽がメインであることは同じでも、例えばロックやレイヴという括りが特にある訳でも無いので、割と自由な雰囲気があります。

音楽の他にテクノロジーがサブテーマにあるので、ショウの構成がとても変わっている感じがします。

自分が一人で参加するからかもしれないけど、同じように一人で参加している人が結構いるので、一緒に回るなんてことも多かったです。

イギリスの人やドイツの人と一緒に回って、出演アーティストについて聞いてみたりして楽しく過ごせた記憶があります。

と言っても2005だと思うから、もう10年以上になるんですね。

今年は日本からは、コーネリアスが出ます。

Beckのライブにも出演していましたが、映像と音楽を同期させて演奏するスタイルは、昔と変わらずとてもインパクトがあり、とても素晴らしかったです。

他に古代祐三さんが参加します。

イースとかベアナックルとか最近だと世界樹の迷宮シリーズとかのゲームミュージックを手掛けた方ですが、やっぱり万国共通でゲームっていうのは、記憶に残るものなんですね。

行けるかなあ。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
昨年は
category: - | author: ジャイアント・アケボーノ

Beckのライブに行くことが出来た。

98年のフジロックで見たのが最後だったので、19年振りってことになる。

初めて聞いたのはアルバム”Odelay”だったと思うけど、そのライブでも勿論プレイした。

初期のアルバムから現在に至るまで、音楽的な振り幅が大きいBeckなので、アルバム購入直後はそれほどでもなかったけど、"Mutations”が大人になって好きになったりもあったりして、割と離れた時もあったけども、最終的に戻ってくる感じがあった。

今回のライブでは、結構過去作も網羅的にやってくれて最高だったと思う。

最新作も当然良かったからライブ自体も面白いけど、個人的にはBBCのアルバートホールでやったようなアコースティックな感じのものも見てみたいなと思った。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
World’s end girlfriend
category: - | author: ジャイアント・アケボーノ

多分2005年のSONARで見たライブが素晴らしく、2年くらい前に代沢だったかのfeverで見たライブも良かったので、1月19日のリキッドルームのレコ発も見に行きたかったけど、仕事で無理でした。

今は、休み毎に何かしらのイベントを突っ込みたいくらい心が弱っているので、1月29日の坂本慎太郎さんのライブを何とか見たいと思うんですけど、速攻で売り切れてしまったようですね。

最近は自分も歳をとったので、新しいものをなかなか自分で見つけ出せなくなってしまったので、誰かが面白いと言っているものには何でも反応したいですね。

昔はテクノとかヒップホップとかダメだったんですけど、ちょっとした偏見が無くなった今では大好きになりました。

まあアイドルとかは追いつかないと思うけど、誰かから良さを教えて貰えれば、少しずつでも心が開けるかもしれませんね。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH